という事で今年もエクストリームマンガ学園をありがとうございました。
色々と「単行本になっていないマンガ」を中心に紹介してきたわけですが、「じゃあその他のマンガは何を読んでいるんだ」と聞かれることも多いので、今年面白かったマンガを一言づつ紹介していこうかと思います。

注1 「知らないマンガを教えてやる」ではなく、ただ「今年楽しんだものを挙げる」なので、現時点で既に有名なものも、そうでないものもバラバラです。来年メチャクチャ流行るものもあれば、すぐ打ち切られてしまうものもあるかも知れません。でもそれは「今年自分が面白いと思った」事とはあまり関係ないことです。
注2 ランキング記事じゃないです。これを書いている人はマンガの面白さに対して「同率1位あり」のスタンスなので、紹介文に「今一番面白いマンガ」とかよく出てきますが、他作品を貶める意図はありません。僕が知らないマンガにもたくさん「今一番面白いマンガ」があると思います。
注3 昨年一昨年紹介した作品で今も連載しているものは、今日紹介していなくても引き続きオススメです。
注4 コメントは「あらすじ解説」ではなく、ニュアンスでホニャホニャ言ってるだけなので、詳細は調べてください。画像は12月上旬での最新刊、単行本未発売のものはWEB上のバナーとかです。
注5 面識あってもなくても敬称略で書いてますので作家の皆さんご容赦を。



まずは今年最高にかっこよく終わったマンガをいくつか。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『エリア51』 。全てのピースを完璧にはめ込んで全15巻で完結。全ての登場人物、全ての登場時期、全ての退場時期に完璧な意味があった。冬休みに一気読み推薦の最強のエンタメ。久正人作品、エクストリームマンガ学園で読み切り1本読めます が、こういう絡みを全15巻でやる人です。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『KEYMAN』 。こちらもみんな大好きバッチバチのハードボイルドが全13巻で今年完結。良くも悪くも悪い予感しかしない中盤の重厚な展開からキッチリ最高にまとめ切ってくれて嬉しさが無敵。人外ファンにもオススメ。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい! 

『青猫について』 。一切の無駄なく疾走した全2巻。ページをめくっているのは自分なのに、気を抜くと知らないうちに人が死んでいる。未読の方、「1巻がこう終って」「2巻がこう始まる」構成の妙、息を止めて味わってほしい。2巻でスカッと終わったというと『エイトドッグス』も切れ味よかったですね。

 


エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『残響』 。全3巻。極上のヒリつき具合が味わえるものが読みたいと思ってる方、是非。動物も人間も、手負いの方が強いんだ。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『弟の夫』が最高の終わり方をした上にNHKで実写ドラマ化まで決まってすごく嬉しい。毎年言ってるけど、「閉じた世界のトップが表に出た時に、物珍しさじゃなく実力で状況を蹴散らして真っ当に評価される」のマジ最高。みんな好きに生きればいいのでこの本を読めばいいです。全4巻。

はい、これらは完璧な終わり方をするので冬休みの間に一気読みをオススメします。



以下、連載中のマンガで「単行本待ちをせず掲載誌を買う」レベルで楽しんでいるマンガ。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『バイオレンスアクション』は多分来年アニメか映画が決まると思う。
作中の人気キャラが全力を出すときに流れるBGMが違法ダウンロードでお楽しみいただけるマンガはバイオレンスアクションだけ!

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『ノー・ガンズ・ライフ』のサイバネ過度な外連味は、男が明日も男であるための力になります。いつでも、口の中には鉄のにおいが充満している生き方を心掛けたいものですね。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『仏像パンク』は野生化した仏像が暴れてるので殺す。そういう話です。すごい、タノシイ…なんか現時点で1話しか読めなくなってますが2巻そろそろ出るのかな?

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

出ました『ヴァルガビンゴ』 。去年も言ったように、「ヒーローアカデミアとかワンパンマンみたいな、ヒーローが社会のシステムに組み込まれた世界観の作品」の中で、一番作者の性格が悪いやつ。大真面目にスタップ細胞をマンガの中に取り込んだ初めての作品じゃないでしょうか。なんやかんやと皮肉がすごいので必読です。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『斑丸ケイオス』も主人公が悲劇に巻き込まれる方向の才能に特化した上に具合よくマヌケな物語なので、自分はこういう作品を延々と読みます。そういうマンガのキャパは、心の中にいくらでも空けられます。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

火縄銃は神聖ローマ帝国に勝てるのか!?『イサック』、本気で面白いのでみんな読んでみましょう。今なら超絶太っ腹に、1巻の半分くらいが試し読みできます。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『衛府の七忍』、今年も「強くてニューゲーム」のノリが問答無用。全て過去作があっての今というのが全てのページから伝わって吐くし、サイバー桃太郎以前の劇画村塾時代の単行本未収録作品とかにもそのルーツがあるんじゃないかと気になってしょうがないので、もうどんな手を使ってでも掲載誌を探したいと思っている。ネタ扱いされている名台詞も、1年後にはその「間違いなさ」が証明されていると思う。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

20年前のバキ、2~3年前のケンガンアシュラ。「異種格闘技32名トーナメントを全試合やって全試合面白いやつ」が今年また現れた! 『はぐれアイドル地獄変』、去年までは「アイドル業界の闇&お色気」作品だったのに急にどうした。異種格闘技女子トーナメントは1月末に発売の6巻からスタートするので、何だったらここから買い始めてもいいとさえ思う。保証する。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『人妻人形・アイ』、遂にシリーズ完結。今まで好きな映画をどんどんエロ劇画に落とし込んできた三条友美がなかなか実現できなかった作品がスターウォーズとブレードランナー(そりゃそうだ)。そんなSFマンガが人妻・熟女劇画雑誌で堂々と掲載されていたのは本当に奇跡。かっこいいものを「所有したい」と思う人は是非手に取ってみてほしい。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

三条友美と言えば、今年は何と言っても『家畜人ヤプーREBOOT』。ヤプーを漫画化する際に誰が適任なのか、それは30年前から決まっていた。カバーアートの圧倒的威力でわかる通り、三条友美が家畜人ヤプーを描くという事は、一つのジャンルが完成するという事に等しい。あと「物理的に本の重量が重い」のが面白すぎるので、手に取って「うわっマジで重い!」ってやってください。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『きみを死なせないための物語』。「クジラの子ら~」目的で雑誌を買っていたらこっちもすごい。「少女マンガのSFは問答無用で面白い」という皆さんの無意識下の共通認識、今はこのマンガが背負っている。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『好奇心は女子高生を殺す』。去年、つばな『第七女子会彷徨』が終わってしまってさびしいなーと思ってたけど、今年はこれがあるから大丈夫だ。「SFと書いてすこしふしぎと読ませるジャンル」の2018年、お任せしました。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

さて、そのつばなも間髪入れず新連載開始。『惑星クローゼット』は過去最大級にハードなSFだし絵がかわいい。絵がかわいいから騙されてるけどこれは相当に相当な話だぞ。つばな作品はエクストリームマンガ学園で1本アレできます。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『魔術師A』、大好きすぎる意志強ナツ子作品が遂に紙の本になった。自分がまだ何者かになりたかった時期にこの本に触れていたらどうなっていたのだろうか、恐ろしい。新作『アマゾネス・キス』も第一話からヤバイ臭いしかしないので是非。
意志強作品もウチで1本アレできます。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

今年一番キューティーかつミューティーだったマンガは何かと問われれば、万人が口を揃えて『キューティーミューティー』と言うんではないでしょうか。掲載媒体が変わってWEBで一から読めるので、みんな「表紙見た時はこんなマンガだと思わなかったのに!」と怒りましょう。

 

普段からホラーマンガを盛り上げるために活動していると言っても過言ではないわけですが、2017年のホラー界の盛り上がりは理想的でした。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

圧倒的奇想、『黄色い悪夢』。何度も言ってるけど、「血と内臓が出て人が死ぬ」だけがホラーマンガじゃない。スプラッタはホラーの楽しませ方の一つであって、そういうもの抜きで全ての短編が「一体どうなっているんだ!」という異常な読書体験、ぜひこの1冊で触れておくべき。黄島先生の読み切りはここでも1本公開中。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

エクストリームマンガ学園でも2度紹介したことで分かるように、要するに黄島点心と並んで「今一番読まれるべき」だと言い続けているオガツカヅオの新作、『ことなかれ』
今回は原作付きだけど、どこからどう読んでもオガツテイスト100%。いい作業分担できてるんだろうな~
オガツ作品未読の方、ウチの無料公開2作読んでみてください。びっくりするから。
よふさぎさま こくりまくり

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『完全版サイコ工場Α線』&『Ω線』! 90年代ホラーマンガファンなら必ず言う「サイコ工場っていうヤバいホラーがあってさー。1巻が出たまま何の音沙汰も無いんだよねー」という声に応え、作者消息不明&原稿全紛失という最悪の状況からの20年越しの新生。盛り込むべきものは全て盛り込み、削るべきは全て削った「完全版」と称して本を出す場合の最高の形だと個人的には思う。自分が関わったとかそういうことは関係なく、読者としての感想。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

理解不能なホラーをなんでもかんでも「バカホラー」と呼ぶのは好きじゃないんだけれども、『憑依どーん!』はそのために作られてそうなった作品。とにかく展開がうるさいというか、本当にうるさい。『ユビキタス大和』を一気読みした時と全く同じ読後感ですごい。
その他、呪みちる先生の『チェリーモーター・ブッチャードリル』とか、若干エロが入るけど、ホラー関係では『オゾマシア』などもアリです。来年はもっと奇想ホラーが増えるといいですね。

 

その他、とにかく楽しんだもの。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

今年劇画狼さんが選ぶ「最もすごいマンガ」と「最もひどいマンガ」の2冠を達成した『セレベスト織田信長』。男が男の金を使うとはどういうことか。とにかく公開中の第一話を読んでみてください。こういうマンガが真っ当に評価されるために今を生きている。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『浪速任侠道』。普段あまり声を出して笑うことはないですがコレは別です。俺は「くるぞくるぞくるぞ…」と思わせたところから本当に来るの、好きすぎるから勘弁してくれ。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『川沿いで未来からやってきたというネコに会ったけど、これといって特別感はなかった』の、野生のフランケンが河童をぶち殺して丁寧に血抜きをしているシーンが「今年一番意味が分からないけど、読んでみたらそう描いてあるのだからしょうがないシーン」です。フランケンは死体に機械を埋め込んで新たな命を与えます。何を言ってるのか分からないかも知れませんがそのまま描いてあります。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

寿司屋が数学の話をしているだけのマンガが紙の本になってしまった。『寿司 虚空編』
小林銅蟲の厄介な面だけが出たすごい本。でも『めしにしましょう』も厄介じゃないわけじゃないので、我々は出版という概念が死ぬ間際に見ている幻影の中にいるのかもしれません。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

エクストリームかわいい枠、今年は『アインシュタインの怪物』で確定です。とてもかわいいですが悪くて悲しい話です。表情の崩れ方がとてもいい。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

誉め言葉になってないのかもしれませんが、「トイレマンガ」という個人的ジャンルの2017年ナンバーワンは『大橋裕之の1P』です。『夏がとまらない』とかもそうですが、どこから開いてどこで終わってもいいマンガ、複線回収とか泣ける展開とかとおなじくらい重要な要素です。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『ストレンジ・ファニー・ラブ』。ちょっとした日常ドラマに1要素だけ加えて強烈に読みやすいSF恋愛短編集になっている、誰にでもとっつきやすい良作。こういうマンガも読みます。面白いので。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『本田鹿の子の本棚』、ヤバイ。「父が娘の部屋に忍び込んで蔵書を盗み読みする」という内容からの、その作中作が全て常軌を逸して面白い。絵柄も自由自在。こういう作品、もっと知られてほしいですね。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『北極百貨店のコンシェルジュさん』、圧倒的天才感。今年はコレと短編集『アイスバーン』の2冊、西村ツチカ作品が出たという事だけでいい一年の締めくくりが出来るという事になります。ちなみに短編集『アイスバーン』がどのくらい面白いかというと、収録作の中の1本をエクストリームマンガ学園でやらせてもらえないかと直訴したというくらいのアレです。依頼した時には短編集に収録されることがほぼ決定だったので実現には至りませんでしたがそのくらいです。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『銀河の死なない子供たちへ』。春頃に下巻が出て完結するらしいのですが、多分丸一年後の各社年末ランキングで飛び跳ねると予言しておきます。ちょっと1巻の終わり方が尋常じゃない。この予想は外れても恥ずかしくありませんが、「そのくらい言うなら読んでみてやろうか」と思ってください。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『悪魔を憐れむ歌』。多くの方はこの作品で梶本レイカの名前を初めて知ることになると思うけど、その時に前作『コオリオニがどうだった』とか『引退してたけど奇跡の復活』とか、もうそういう「気持ちの話」で梶本レイカを語るのは終わり。ただすごい作家がGOGOバンチでデビューしたということでいいんじゃないか。結果だけ出してくれ。結果だけ評価する。そういうステージに上がるべきマンガ。未読の方。1・2巻を読んでみて、あなたの好きな映画・アニメ・演劇・音楽と比べてみてほしい。このマンガはそのどれにも負けていないはずだ。




さて、以下は単行本未発売なので、来年の今頃1巻をベタ褒めできてたらいいなというものです。

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『骸積みのボルテ』。どうした、まつだこうた! いつものかわいらしい絵のままそんなものを描くのか!

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『屍牙姫』目的で買っているコミックゼノンで先月始まった『終末のワルキューレ』。人類存続をかけて、神VS人類のタイマン13連戦! 第一試合はトールVS呂布!
「入場がブチ上がるバトルマンガ」はいいマンガ! 期待大!

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

チアラットを大人気連載中の中川ホメオパシーは何故かあの『なかよし番外地』でBL漫画家デビュー。褒めないからな! 褒めないからな!!

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

愛だとか夢だとか、成功とか仲間とか思い出とか、そういった「共感」の材料になりそうな心がポカポカするもの。 そんなものを全てを捨て去った所に、本当の人生の価値はある。俺は漫画家になろうと思ったことが無いのでよく分からないが、普通、漫画家を目指す人はこういうのが描きたくてなろうと思わない気がする。すごい。描く人も載せる人もどうかしている。
死都調布!!!!!!

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『サザンと彗星の少女』、そろそろ単行本出てください! 何度も言うけど空間描写が異常!

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

阿部洋一が好きで、素敵な新連載を始めてもらう応援として自分の企画で1作キワモノをネタで無料公開したら、それがそのまま他社で連載化してしまった。マジか。摩訶不思議日常劇場、じゃねえよ! かわいいじゃねえか何なんだ畜生!

 

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

『金剛寺さんは面倒臭い』。例えば「なんでもいいから最近面白いやつ教えてよ」と友達に言われた時に最初に思い浮かぶ候補作、来年この作品の1巻が出た後は間違いなくコレになる。マンガには詳しくないけど「面白いものならなんでも触れてみたい」人、マンガはすごいんですよ。このくらい。

 

大体こんなところでしょうか。 あとは『激マン キューティーハニー編』が、マンガの一番いい所と悪い所の両方を出しているのですごいのと、『TOKYO TRIBE WARU』の「大阪府おなか吹田市」が面白いのと、キン肉マンが一番面白いということですね。
紹介したマンガの中に一つでも好きなものがあったら、「このマンガが好きな人は他にこんなマンガを読んでいます」的な感覚でノリが合う可能性が高いので、是非手に取ってみてください。

さて、最後にお願いと告知。 いつも好きな作品を自由に無料公開させてもらってますが、無料で見られるからと言って無料で作られているわけではありません。ようするに「金が回収できなければ企画を打ち切られる」のは、他のマンガを同じなわけです。
この企画を来年も楽しみたい方、サイコ工場を買ってください。それが一番の評価になります。
もしくは他のリイドカフェ作品でも構いません。オススメで言っておくと『干支天使チアラット』『黄色い悪夢』『セレベスト織田信長』『魔装番長バンガイスト』『本田鹿の子の本棚』とかです。マンガの多様性の為に戦う日本一かっこいいwebマンガサイト、リイドカフェをよろしくお願いします。

最後に告知!
今年はエクストリームマンガ学園発で『サイコ工場』を2冊紙の本にしました。お陰様で反応も上々。
じゃあ次は何やんの?


そう、エクストリームマンガ学園は次にこれをやる!

エクストリームマンガ学園025 劇画狼が選ぶ、2017年のオススメマンガ40個くらい!

オガツカヅオ短編集、制作決定!
よふさぎさまを! こくりまくりを! 紙の本にするぞ! 時期は確定してないけど多分来年上半期!

 

オガツカヅオ twitter @ogatukaduo

劇画狼 twitter @gekigavvolf

 

 

ということで来年もよろしくお願いします!!

更新日

劇画狼

マイナーマンガ紹介ブログ・なめくじ長屋奇考録の管理人&特殊出版レーベル・おおかみ書房編集長。得意ジャンルはエロ劇画とコンビニコミックス。好きなマンガは将太の寿司。